2003年08月06日

8月3日(日)、5時頃。

明石駅を通過。
明石市といえば、日本標準時。ぼーっとした頭で、それを示す分かりやすいモニュメントとか
置いとかないかんやろーとか思っていたら、駅を過ぎてすぐに そういうもの が見えてきて、
慌ててカメラ取りだし、記念撮影。ナメてまして本当すんません。

5時45分頃、大阪駅着。
この頃すでに起きていたミヤンクさんが、あれー新幹線かと思ったら・・
と窓の外を指差すと、そこにはホームに停まった 新幹線を模した広告板 が。
ええセンスしてます。サイコー。

当初の予定ではここで下車し、店が開くまで漫喫かどこかで時間潰して、と考えていたところ
どうせなら終点の京都駅まで行きましょうと、ミヤンクさんの粋な提案。
それにのっかり終点まで乗り越して、6時50分頃、京都駅着。


ホームから降りて、見上げた京都駅。
その豪奢な作りに寝不足の疲れも何もブっ飛んだ。

地元高知も数年後の高知駅大改修を控え、新たな姿が新聞などで紹介されている
(はっきり言って、ありきたりなカマボコ型ドーム)けれど、コレ見てしまうと、改めて
もっとどうにかならんかったものかと思ってしまう。

20030806_0803kyotoeki.jpg


気持ち昂ぶるままにイキオイで、京都駅から歩いてすぐの東本願寺を参拝。
お寺は四国にもあり、訪れたこともあったけれど ・・なんというかもう
これが本場のモノホンかと 息を飲む大迫力。ダメ押しでもう1枚。
寺社の醸しだす雰囲気からでもなく、宗教的な理由からでもなく、
ただ、巨大であることに圧倒される。思わず合掌。

ついついヒートアップしてガンガン撮影しまくった後で、あーもしかしたら
コンパクトフラッシュ買っとかないと、大阪勢との合流時に撮るに撮れなくなってるかなあと気付く。
まあ、ヨドバシカメラに寄る予定だそうだから、ナンとなればそこで買えばいいかな。
折り返して一路、大阪駅へ。


駅到着は8時20分頃。
構内のデリカフェという軽食店で朝食を取りつつ、ミヤンクさんと予定を確認。
愛機SigmarionIIの充電も(勝手に店のコンセントを借りて)済ませた後、
地下鉄を使ってなんばへ移動。

なんばにはオタ系ショップがごろごろあるということで、絨毯爆撃していこーと勇んで飛び出すも
ほとんどの店はまだまだ開店前。(10時ごろだったので。当然ですが。)
仕方なく、11時の開店までマクドナルド日本橋店でヒマ潰し。
話の流れで、ミヤンクさんにこちらホームページを正式公開したと、ご報告。
(その時のお約束通り、ほぼ1年遅れでリンクも張らさせて頂きました。超多謝。)
そして、11時より行動開始。以下こんな感じでぐるぐると散策。


おもちゃに関しては、あー買ってってもいいかもなーと思うものはいくつかあったものの
やっぱり8000円とか、そのぐらいの値札を見ると正気に戻ってしまう病気
(つーか本来一般的な感覚なのですが>病気)は未だ直らず。
特に買い物もせずスルーしていたけれど

まんだらけで大判コミックスの棚を眺めていると、買い逃していた
英知出版刊、トラウママガジンコミックス 「あまいぞ!男吾 おおあばれ小学生編
Moo.念平/作、2500円+Tax を偶然発見。
オトコノコやったらコレ買っとかなーあかんやろ!と手に取り、振り向けば今度は
今は亡きテレビランドで2年に渡り連載された傑作、ビーファイターシリーズの漫画版
スタジオDNA(現・株式会社一迅社)刊、DNAメディアコミックス
重甲ビーファイター+ビーファイターカブト
八手三郎/原作、Moo.念平/漫画、950円+Tax を偶然発見。こちらもすぐさま手に取った。

あと大都社刊、「ウルトラ超伝説 1巻」 居村眞二/漫画、880円+Tax も購入。
これについては、ウルフの正体までは覚えがあったけれど、マルス登場以降に関しては
なぜか読んだ記憶がなかったので、その物語が気になったのと、懐かしさで。
ちなみに2巻はカバー絵がアンドロ戦士でなかったもので、別エピソードなんじゃろかと思って
スルーしたら、しっかりお話続いてました。後から後悔。


わざわざそんなん大阪で買わなくてもー と思われる方も多いと思いますが、
これが注文しないと手に入らないかもしれない(手に入るかもしれない。店と時期によっては)
のが、田舎高知の悲しいところなわけです。

ネット繋げば情報の時間差は縮まるけれど、物流はやっぱりそんなもんなわけです
ミクロフォースもスラスト以降のマ伝商品も、高知には入ってきてませんですし ザラス以外は。
(そうーいえば極小変形とかQロボとかも見たことない。セブンイレブンがないんで。)

20030806_mc2003mfwf.jpg

そして、何故だ!
ワンフェス当日の大阪行脚で、東京で販売したワンフェス限定品が入手できた怪!
その謎は次回明らかに!(大げさ)
posted by michusas at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クダトーク。 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。