2003年09月18日

BTRトランスフォーマー PART1。

新たなラインナップが発表される度、
期待の声で迎えられた本年のトランスフォーマー商品群の中で、唯ひとつ
誰に求められることもなく、評価の壇にも上げられぬ、不遇のシリーズがあった。
BUILD TO RULE! (以下BTR)がそれだ!

とゆーことで今回は、噂の<どこでだ BTRのご紹介ー。
はっきり言って、TF界隈においてすら脱力必至のアイテムとして
ネタにされる(だけの)存在と思われてますが
これはこれでいじってて楽しいかもですよ
作り手の工夫とガンバリが詰まってる気がするような、
いやきっとそうに違いない。(自己暗示)




さて、BTR自体は、実は
ハズブロ社が展開しているブロック玩具シリーズの名称であって、
TFに新たに生まれた商品カテゴリというわけではなく、
つまり BTRにTF(ARMADA)を導入した、ということのよう。
カタログにおける現時点でのラインナップは 「TRANSFORMERS ARMADA」、
「GI JOE-vs-Cobra SPYTROOPS」、そしてTONKA社の「SERCH AND RESCUE」の3ライン。

余談ながら、GI JOE-vs-CobraとSERCH AND RESCUEにはフィグが付属しており、
その脛の横及び前腕にはオスポチが2つ、足裏にはメスポチが2つ付いていて
このように遊ぶ ことが可能なのだそうな。(画像提供:なかしさん)

netapixhtml05_btrtf_packages_sam.jpg

そうーいうわけで、待ちに待った赤ホットロッドをスルーしてまで買った(何故か)このBTR。
早速手持ちの3種について、その内容をご紹介ー。

netapixhtml05_btrtf_jetfire_contents.jpg

BTRの梱包は、こちらの手元のものは、全てこういう形態。(画像はジェットファイヤーのもの。)
マスクなどの特徴的なパーツを含む数点については、
外箱の窓から見易いような形でインナーパッケージに収納。
その他のパーツについてはブロック玩具らしく、無造作に袋詰めにされてます。
冊子は組立説明書が1冊、と あと、BTR自体のパンフレット が1冊。共に中身は4色刷り。

netapixhtml05_btrtf_jetfire_parts.jpg

袋を開いて全パーツを並べてみたところ。
ご覧の通り、ほぼ全て特殊パーツで出来ており、そこんところは MEGABLOK的。
この画像では分かりませんが、中央の板状パーツなどにモールドがビシビシに入ってます。
関節部分にはクリック機構を採用しており、思いのほか関節可動の安定性あり。
さー ではいよいよ、レッツ・ビルディング。

netapixhtml05_btrtf_jetfire_robo2.jpg

いやー
こうして改めて眺めても、なんとも言葉に詰まる出来ですが、とりあえず
ちゃんとミニコンも付属してます。(いやホラ、足元にいますがな 奇妙な物体が。)
ともかくトランスフォーマーといえば、やはり変形が命。
カタログ見れば分かりますがビークルモードはどれも結構いい出来してんですよねー
つーことでいってみましょー



コンボイ 「サイバトロン戦士! トランスフォー

netapixhtml05_btrtf_build1.jpg

・・なんなのだ、その姿」

そうーなんですわ BTRはどれもこれも 超組替え変形 なわけでして
あのビークルモードのカッコよさも納得、納得。<するのか
しかしながら、呆れるにはまだ早い。
確かに殆どのパーツはバラバラにしてしまうものの、そこの立ちん坊
(仮称:メインフレーム)においては↓このように

netapixhtml05_btrtf_build2.jpg

きっちりトランスフォームの要素を取り込んでたりもします。
(それが股の間隔を狭めるデザインの要因にもなってるわけですが。)
で変形したものが↓。
この状態に、外したパーツをパチパチくっつけてってビークルモードになります。

netapixhtml05_btrtf_build3a.jpg

netapixhtml05_btrtf_build3b.jpg

つまり、一度ガワを剥いて真四角のブロックにトランスフォーム。
その後、外した外装を取り付けてゆくという方式なわけで
そう考えるとコレはコレで、プリテンダーの亜種とも考えられるような。
急に許せてくる不思議。

ちなみに右の画像、構成の中核となるパーツなのですが
各商品で共通のものを使用しているとばかり思っていたら、コレと腕、足は
共用できるはずなのに あえて形状を変えていて、
妙なとこでリキ入ってんなあと関心してみたりー。


netapixhtml05_btrtf_jetfire_vehicle1.jpg

ジェットファイヤー、ビークルモード。ビークルとしてのスタイルはまあまあなのですが、
コンテナ部分にズガッとタンク(ミニコンだけど)を載せちゃってる絵面が、なかなかツボな。
あとドデカノズル。

netapixhtml05_btrtf_jetfire_vehicle2.jpg

モノホンのジェットファイヤーとの比較。実際は、この画像よりもう少し小さいように感じます。
思ったほど固有のデザインを引き継いでいないのが意外といえば意外。

netapixhtml05_btrtf_demolishor_parts.jpg

デモリッシャーのパーツ構成。
なにげにジェットファイヤーより多い部品数。そして、出たーッ ゴムキャタ!
ちなみに右中段の6個のジョイントは、メスジョイントとメスジョイント、
或いはメスジョイントとタイヤを繋ぐためのアイテム。
なんだか組み合わせの幅が広がりそげな、微妙な誘惑。

netapixhtml05_btrtf_demolishor_robo1.jpg

でろーん 見ーたーなー

・・としか言いようのない デモリッシャーのロボットモードなのですが、
砲塔中央(モノホンにおける胸部)を上に持ち上げると腕がはめられなくなってしまうので、
アレしてコレしてとパーツ配置に苦労した結果なのではないかとさりげにフォロー。
しかしこちらも、思ったよりオリジナルの意匠を継いでないようで。イメージは残ってるんだけど。

netapixhtml05_btrtf_demolishor_vehicle.jpg

ビークルモード。こちらはまあ、ほぼ同じものと言っていいのではないかとー
ゴムキャタの雰囲気が非常に良いのですが、転輪がないので回してるとすぐに外れます(笑

netapixhtml05_btrtf_demolishor_face1.jpg

ちなみに、顔の造形はなかなかにがんばってます。これはミニコンも同様。
んがージェットファイヤーに関しては↓縁日で売ってるお面っぽいかも。奥行きのなさとか。

netapixhtml05_btrtf_jetfire_face1.jpg


しかしまあ、どんな商品にしたって多少の不満は出てくるわけで。
幸いこちらは、曲がりなりにもブロック玩具。
工夫次第でどうにかカッコ良くー

netapixhtml05_btrtf_jetfire_robo1.jpg

netapixhtml05_btrtf_demolishor_robo2.jpg

・・ココロの目でおねがいいたします。




ここでひとつお知らせがあります。

画像点数が収まりきらなかったため、ミニコンと
オプティマスプライムのレポについては
次回に持ち越し させて頂きます
あいすみません。


netapixhtml05_btrtf_optimusprime_drivers.jpg

さんざ待たせてソレか。


posted by michusas at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | モチャでネタる。 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。