2003年08月16日

FSWSガンダムズ。

梅田のホビットで買ってきた大阪土産(自分宛)がコレ。
全国で売ってるんじゃーとかそんーなカタイ事言ってちゃいけません
奉仕価格800円だったんすから。ザラスと同額ですが。

まじめな話、大阪から帰る直前まで、ガツンと太いおもちゃな買い物をしてなかったので
そのまんま帰るのも勿体無いなあどうしよかなあと考えてたとこに見つけたのがこの2品。
かねてより購入を迷っていたので、思い切って買ってしまったとゆー次第。

しかしまーそんな買い方したのが恥ずかしくなるほどメッサいい出来ですコレ。
BB戦士(SDガンダム)好きが待ち望んだものが今ここにー と力説したくなるぐらい。
まずはそのフル可動っぷりから。


netapixhtml04_action.jpg

前後上下に可動する肩関節により、
怒り肩の表現は勿論、背部のビームサーベルを手に取ることも可能。
また股関節については、接続位置を工夫することで見得切りポーズに欠かせない大開脚を実現。
つま先の可動による接地性の向上は、ポージングの安定感に貢献。

当然いろプラなので、素組みでここまで再現できます。(ホイルシールも使いますけど。)
いやーもー、これだけでも満足満足。

netapixhtml04_fswsgundams1a.jpg

今度はオリジナルデザインのマスクをはめてみた。
模型誌なんかで見た当初は、妙なもんつけるなよーとか思ってましたが、こうしてみると
"別物のガンダム"として独自のカッコよさを醸し出してる気が。

netapixhtml04_fswsgundams2b.jpg

全装備品並べまくりー まずはフルアーマーガンダムの脚部装甲着脱システムに脱帽。
肩アーマーなどのフィット感もクセになります。
パーフェクトガンダムについては、不満点が無いわけでもないんですが、
そこはそれ先発商品ですからそのノウハウがフルアーマーガンダムに受け継がれたと思えば。

ちなみに、FSWSは「フルアーマーシステム・ウェポンシステム」の略なのだそう。
まんまといえばそのまんまな名前。

netapixhtml04_fswsgundams3b.jpg

マスク以外を各ガンダムに装着。
ランドセルは付け替えがデフォなので、どちらのものも余るようになってます。
フルアーマーガンダムの余剰パーツはそのランドセルぐらいですが、パーフェクトガンダムの方は
足をまるまる交換するため、ご覧のようなありさまにー。(この辺が不満。)

厚みがタイトなとこで勝負してるのは分かるつもりなので、アイディア自体に文句を付けられない
とは思うものの、折角のつま先可動がこの"履き替え"で無用のものになってるのは惜しい。
パーフェクト足につま先可動つけられなかったんでしょうか。

netapixhtml04_fagundam2.jpg

ちなみにフルアーマーガンダムは、素体(ガンダム)をパーフェクトガンダムのものと
共用している都合から、頭やら腰やら胴やら肩やら足底やらの色違いができますので
お好みの配色に組替えることが可能。


netapixhtml04_supportmech.jpg

サポメカ 手前:G(ガン)キャリアー、奥:G(ジー)ベースは、
アーマー着脱の際における余剰パーツを置いておく飾り台。BB戦士ではおなじみの付属品。
Gキャリアーはなにかくっつく前の方がかっこいいような(笑

netapixhtml04_supportmech3.jpg

アーマーなどを装備してても合体できます。(いくつかパーツを外す必要がありますが。)
MSVのスキウレみたいで、ちょっとばかしいい感じ。後ろにガンダム立てても様にはならないけれど。

netapixhtml04_fagundam1.jpg

でーまあお約束、背負わせたり持たせたり。
思いつきでやった割にはダグラムのターボザック風でちゃんとカタチになったみたい

netapixhtml04_perfectgundam1a.jpg

こちらは多分、ジェットパックか何か。
まんま背負っただけですが、宇宙のどの辺か飛んでくようには見えるかも(謎



元がBB戦士なだけあって、その気になれば↑な風にガシガシ遊べてしまうんですが、
関節やジョイントがあっという間にヘタってしまうのが、難儀といえば難儀。
(フルアーマーガンダムなんかはもう、肘の保持力ほぼゼロ。涙。)

いやーしかし、ここまできたんなら後はもお
パーフェクトガンダムIII レッドウォーリア を出すしかないでしょう!(力説)
アーマー外しても、今ならキャスバル専用ガンダムという便利な色のガンダムがありますしー
とゆーか出してください。ゼヒに。

今回の2体がカトキさん(ガンダムFIX)アレンジを通過してるようなんで、まずはそっからすか?
でGジェネレーションの新作に登場して、その後ではじめてプラモ化。

・・メッサ気の長い話になりそう・・。
posted by michusas at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | モチャでネタる。 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。