2003年11月24日

1日1PS2TF。

世間様が来年の話題で盛り上がっているところ
一歩も二歩も遅れてプレイしはじめましたPS2TF
(ま 遅いのは毎度のことなんすけど。)

少年期にファミコンブーム全盛期を体験したにも関わらず、
なぜかゲーム文化が育たなかった我が家にはプレステ2なぞあるわけもなく
とーなると、年末の買い物が山と待ち構えている現在の状況下で
ゲームと併せてPS2本体も購入するかどうかは、かなーりな悩みどころだったんすが
とりあえず無難にゲームのみ、ザラスオンラインで注文。
で休日またいだ11月4日に商品が到着してみると、予約特典のはずのDVDもちゃんと付いていて
さすがザラスオンライン。つーかまあukiさんに前もって教えて頂いていたからこその
ザラオン買いだったんですけんども。(その節はサンクスー。)

最大の難所と目されていたPS2本体については、
有り難くもかば大明神さまさまがお貸しくださるとのことで、
さーコレでおれもボコられまくりの日々に大突入!


・・と思いきや
4、5年前に購入したはずのマイPSコントローラーが見つからず。
(すぐにみつかると思ってかばさまさまのコントローラーは借りてこなかった)
部屋中あちらこちらと探しに探して、荷物をどけてー を繰り返すうちに
積み上げた本やら箱やらが雪崩を起こしたりして
深夜2時ごろにスッカリげんなりしてみたり。

果たしてPS2TFをプレイできる日はくるのかー
次回につづく!

20031124_kazemidget.jpg

ちうーか さも1日1プレイしてるように書いときながら
全然プレイした話に行き着いてませんが。
posted by michusas at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トラフォ。 | 更新情報をチェックする

2003年11月16日

ペースダウン、その最たる要因は。

これじゃーいかんとこないだ思ったことが、神様仏様に聞き届けられてしまったのか。
これまで、昼の日中の仕事中でもばんばんネットできる(忙しいときは別として)
そういう環境下にあったのが、事務所内をちーっと模様替えしたことで、
マイマシンのモニタが社長=親父さまの監視し易い位置に来てしまいましてー
おかげさまで現在、仕事に集中できる環境になってます。

なーわけでこないだ多忙によるペースダウン宣言したばっかなのに、
更に更新が休みがちになってまして、訪問してくださる方々には申し訳ない限りでございます。
・・でーまあ、そのモニタ監視の現状は、確かに本当の事なんですが、
休みがちになってるのは実は自分の意志でもあります。

それはつまり、これからは仕事をバリバリやんなくちゃあとか んーなわけでは勿論なくって
例えばこないだからTF関係のビデオを見まくってたみたいに、
あー今は更新作業よりコレやっときたいかなあ、という気になったら
あえてそれを優先するよう考え方を変えてみたわけです。


ネット上ではあんまりこの話はしたことないのですが、
実はウチ、月火木金の晩はセカンドワークみたいなことやってましてー
その関係上、趣味に費やせる時間がわりかし限られているわけです。
(ネットインはPDA使い出してからずいぶん気軽にできるようになりましたけど。)
だのに、片食い性分とゆーか、一旦始めだしたらその事に没頭してしまって
しかも疲弊しきるまでやめらんないとゆーサルっぽさは直らなくて。

旧サイトもそれが一因でダメにしてしまったという思いは少なからずあって、
そんなら今回は、パンクかエンコかする前の、更新疲れする前に
とりあえず一息ついとこーかなあと。
勝手な都合の付け方ですが。


というわけですんで、今後も度々更新遅延があるかと思いますが、そのときには
あーまた休んでやがんなあと生温かく見守ってくださるなら有り難い限りです。

20031116_superfireaichan.jpg

つーわけでー 今回も過去ネタサルベージ。
その昔、とある方にお送りするはずだったネタ、スーパーファイヤーアイちゃん。
ウーマンエクセルスーツの中に夏服(ナゼか)のアイちゃんが合体!

とゆーか、あの時はすいません。とある方。
posted by michusas at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トラフォ。 | 更新情報をチェックする

2003年11月11日

ま 実際のところは。

1日3、4メタルスだったわけですが。前回参照
もうー面白くって、ついついー
で それも見終わっちゃった今は、とある方にナニして頂いた
ザ☆ヘッドマスターズ~超神マスターフォースのビデオ(編集版)を視聴中。

勿体無いことに、両作品とも放映当時は良い評価をしていなくって
特にヘッドマスターは、"難産"の爪痕が最後まで気になってしまって、
一方のマスターフォースは、アノ燃える燃える第1話を見て、コレは面白いんじゃーなかろうかと
ひそかに期待しながらも、旧作とのイメージの違いにノリきれずに脱落していって。
で 今んなって両作品の面白さを知って、あー なんであの時
早計に判断を下したのやらと後悔しきりです。超反省。

ちなーみにマスターフォースでのお気に入りは、ジンライよりもプリテンダーズ。
初期の軽妙なトーク、ランダーのセリフ回しなどなど、もーサイコー。


・・それはそれとして
今頃な話で恐縮なのですが、マスターフォース終盤において
デビルZやら機械化兄弟やらがバキバキに使っていた「デビルパワー」って。

もしかしてカーロボで、ギガトロンがデビルギガトロンと化した際に
キャラクターバイオに書かれてあった「デビルパワー」は、それにかけてあったわけですか。
うーん、1本取られた。3年遅れで。

しかしーということはー まさか、マ伝ラッド(ブラッド)の名前の元ネタは
デストロンプリテンダーのブラッドですか。<それはナイ

20031111_memorial.jpg

忙しい時期はこれに限るー の過去ネタサルベージ。
'98年夏ごろに発行した個人誌に書いたのが元絵で、
その後旧サイトのテスト運営時期('99年6月頃)に、レイヤーの使い方も知らずに
原画に直接色を塗りこんでいくとゆームチャクチャな方法で色つけたもの。
サルベージとか言ってますが、オモテ向けて出したことなかったかも。

ちうか、なにを隠そうコレ実話です。
本気と書いてマジで。
posted by michusas at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トラフォ。 | 更新情報をチェックする

2003年11月05日

バイナルテクニシャン。

西暦2003年――
トランスフォーマーと人類とのファーストコンタクトから十数年が過ぎ、
世界を取りまく状況は大きく変化していた。
サイバトロンシティの着工、EDC―地球防衛軍の設立、外宇宙への進出・・・
人類とサイバトロンは、もはやかけがえのない運命共同体となっていたのである。

そんな中、金属病原体"コズミックルスト"を使用したデストロンの破壊工作により、
多数のサイバトロン地球守備隊員が修復不可能なダメージを負う事件が発生。
折しも惑星セイバートロンでは、メガトロンによる征服戦争が今まさに
火蓋を切らんとしており、サイバトロン軍の殆どの人員、資材が
地球を後にしたばかりであった。

防衛力の切札を失い、支援をも断たれるという絶対の危機を前に、EDCは
かねてから構想されていた「人類によるトランスフォーマー開発計画」、
バイナルテック・プロジェクトの発動を急遽決定。
マザーコンピュータ・テレトラン1の指揮のもと、世界中の企業と
研究機関の手により、可変式人型マシンの開発が急ピッチで行われた。

こうして完成した地球製のロボット素体に、
負傷したサイバトロン戦士の人格データが移植され、
彼らは新たな人造機械生命体として甦った。
ここに人類とサイバトロンの希望の戦士、
バイナルテック・トランスフォーマーが誕生したのである!
(取扱説明書より)

続きを読む
posted by michusas at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | モチャでネタる。 | 更新情報をチェックする

2003年11月03日

BTRトランスフォーマー PART2。

次回に持ち越しー と 言い逃げ してから早1ヶ月半。
遅くなりましたが以下挨拶略。

なわけで早速BTRトランスフォーマー版 オプティマスプライムと各ミニコンのご紹介ー。
なお、今回のレポもナローバンドのご家庭に優しくない画像点数になってますんで
一旦トイレ休憩などに行ってくることを推奨いたします。

続きを読む
posted by michusas at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | モチャでネタる。 | 更新情報をチェックする

1日1メタルス。

深夜にも関わらず、もームラムラと沸き立ってガマンができず
部屋の隅に積んでたダンボール箱を開いて、ラベルのないビデオテープを次々引っ張り出して
あれでもないこれでもないとチェックしてって ようーやく見つけて、
それからずーっとずーっとビデオを回転させておりました。

なにって、そー
ビーストウォーズメタルス のビデオであります。
こないだの BW1st characters の更新作業で火が点いてしまって
いま頭ん中はビーストウォーズ一色。
劇場公開の2本をレンタルしてこようか迷い中なぐらいに。


で ひさびさに見たメタルスなのですが、まずはやっぱりパワーのある作品だなあと。
邦訳以前の問題で、説明不足(not難解)の描写が多々あるとこが引っ掛かるんですが
それを蹴散らす声優陣のネタの応酬が理屈ヌキに楽しー
(ま カッペーさんが時々ハメはずしすぎるとことか、気にならなくもないですが。)
上手さの光る名優達に乾杯。

20031103_btrtf_sam.jpg

そしてー のびのびになってましたが、BTRレポ
ようやく完結。
posted by michusas at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トラフォ。 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。